慶應義塾大学での導入例

グリーンブルーが所属する慶應義塾大学SFC研究所『地域IoTと情報力コンソーシアム』を通じ、 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにCO2監視(GBiot-IA0)と屋外の大気汚染監視(GBiot-FF0)を設置しました。

設置教室
設置されたGBiot-IA0

設置風景(GBiot-FF0)A地点
設置風景(GBiot-FF0)B地点
設置風景(GBiot-FF0)C地点

慶應義塾大学SFC研究所『地域IoTと情報力コンソーシアム』では、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に GBiot-FF0を設置し、キャンパス内でのリアルタイムな大気・気象観測を行っています。本センサーからのデータは、近隣の屋外の大気汚染監視局と 近似するデータを得られる上、キャンパス内での1分間隔でのローカルな値変動を得ることができます。

※ 隣接する公定法での測定結果と良く一致していることに加え、SFC内での変動が1分間隔でリアルタイムに把握できます。

本件に対してのお問い合わせはグリーンブルーまでお申し付けください。慶應義塾大学等への直接のお問い合わせはご遠慮ください。


お問い合わせ

   こちらからお願いします。