車載センサー

タクシーやバス、ゴミ収集車など街中を走りまわる車両をデータ収集プラットフォームとして捉え、 GBiotの車載環境センサーを用いることで稠密(ちょうみつ)な大気汚染状況を把握することが可能です。

測定項目は自動車排ガス影響を考慮し、PM2.5やPM10、NO2、GPS、オプションとしてOx、VOCと多岐に渡ります。

データは毎秒クラウドに送信され、下図のようにリアルタイムなデータ把握が行えます。



GBiot-SG0


GBiot-SG1

製品仕様

GBiot-SG0 GBiot-SG1
電源 12V(シガーソケット) 12V(シガーソケット) / USB5V
消費電力 5W程度 3W程度
通信 Wi-Fi Wi-Fi / BLE
測定項目 PM / NO2 / O3 / GPS PM / NO2 / GPS / 騒音
気象項目 温度 / 湿度 / UV / 日射 温度 / 湿度 / UV / 日射
重さ 約8kg 約500g
センサー寿命 約1~5年
(使用頻度・センサー種により異なります)
約2~5年
(使用頻度・センサー種により異なります)

モビリティによるセンシング

タクシー、トラック、ゴミ収集車、バスなど地域をくまなく走りまわるモビリティにセンサーを装着することで、 GBiotの得意とする環境情報に加え、道路の痛みや凸凹、画像解析による積み荷やごみの量推定、渋滞状況の把握などが可能になります。

GBiotは、慶應SFCの中澤研究室が中心となる「地域iotと情報力研究コンソーシアム」での「モバイル環境測定ワーキンググループ」を担当することにより、 街の環境に関する情報を時空間粒度細かくセンシングし、プラットフォームを介してアプリケーション等へ流通させるためのセンシング技術、 IoTセキュリティ技術、IoTデータリアルタイム流通技術等の研究と実証を進めています。

お問い合わせ

   こちらからお願いします。